おせち料理 由来

おせち料理の由来について教えて!

おせち料理の起源をたどると、
その歴史は紀元前2、3世紀、
つまり弥生時代までさかのぼります。

 

日本人が米作りを始めたときに、
おせち料理の歴史は始まりました。

当時の人々は、単調な毎日を
過ごしていたことでしょう。

 

 

その中で彼らは季節の節目を、
現代に生きる我々以上に
敏感に感じていたに違いありません。

 

 

そして、作物を収穫することに
喜びを感じ、神に感謝したのです。

 

 

人々は、神に収穫物をお供えしました。

 

これを「節供」といいます。

 

節というのは、季節の節のことです。

 

 

神にお供えしたもので料理を作って、
自然の恵みに感謝し、
豊作を祈願したのですが

 

その料理は「節会料理」と呼ばれていました。
それがおせち料理の原型です。

 

 

節の行事は中国から
伝来したものですが、

 

平安時代には宮中での行事となりました。

 

 

当時は、宮中で節会の行事が
盛んに行われていたということです。

 

 

なお、中国から伝わった節句は、

 

正月七日、三月三日、五月五日、
七月七日、九月九日。

 

これらは、五節句と呼ばれています。

 

現代でも端午の節句という言葉は
よく使われていますね。

 

 

その後、時を経て、
民間に広まっていきます。

 

 

そして、武家の祝い膳、
庶民が正月を祝う料理、
豊作に感謝する料理が融合して

 

現在のおせち料理の形に近づいてきました。

 

 

おせち料理は

 

「正月三が日は、
主婦が家事をしなくてもいいように」

 

ということで、保存のきく料理が
中心となったと言われています。

 

 

おせち料理には、思ったよりも
長い歴史があって
驚かれたのではないでしょうか?

 

 

長い伝統と歴史をもつおせち料理を
次の世代に伝えていくことは、
大切なことですね。

スポンサードリンク

おせち料理の由来について教えて!関連記事

おせち料理の意味
おせち料理には、無事に年を越せたことを祝い良い年になるよう願いを込める、という意味があります。
保存法教えて下さい
おせち料理も最近は薄味嗜好です。賞味期限内に食べきれない分は冷凍保存しましょう。ただし、冷凍状態で届いたおせちの再冷凍はおすすめできません。その意味では生おせち、はおすすめです。
賞味期限ってどれくらい?
おせち料理の賞味期限は、冷蔵、冷凍、真空パックなどによって異なります。いずれにしてもおいしいうちにいただきたいですね。